ブログ

ブログ

2018年

駒澤大学

2018/02/03

 新年が始まり、立春を控え東京は既に大雪が2回と、長期予報を伝える気象予報士も頭を抱えるこの頃の気候ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 平昌冬季五輪を目の前に、東京も負けじとあと二年半となった東京五輪に向けて各所施設の新築現場は最盛期であります。しかしその中で人手不足による技術、安全意識のレベル低下に起因する事故やトラブルも増加傾向にあるのが現状です。
前回も取り上げましたが、決してプロの目線を忘れず後世に残るプライドの結晶を現場に携わるすべての人が一丸となって造る!!これに尽きると思います。
 ”プロとは、言い訳の出来ない人”なんですよね。難しい課題ですが…。
 さて、今回の画像は東京の駒澤大学の校舎であります。高層棟と手前の低層棟の2棟からなり、弊社は全体の左官工事全般を担当させていただきました。鉄骨造とはいえ地下あり免震構造ありで、工期終盤はやはり増員ぜざるを得ない状況になりました。まさに工期に追われる終盤は品質そして安全意識の低下との戦いでもありました。ひとまず1期工事が完成しほっと一息ですが、2期工事もまた無事故無災害、そして高品質の建物を収めるために左官という微力なカテゴリーながら精一杯の尽力捧げる所存であります。

 

2017年

講習会

2017/08/18

“秋風索莫”こんな言葉が聞かれそうな今夏の涼風長雨でございます。
今年に入りオリンピックまであと三年足らず。各施設の新築工事は動き出していますが、今度はさまざまな決定遅延で工期が短くなり、各所でその弊害が出ているようですね。安全第一が工期第一になってやしないか危惧するところでありますが、このご時世そんな愚問に答える暇ないよ、さあ本日も安全作業で!!といったところでしょうか。品質を含めプロの目線を失いたくないものです。オリンピックが終わった後にそれこそ秋風索莫な建築物にならぬような、未来へ紡ぐ遺産を作らないとですね。
 さて、今回はまさにご覧の通り技術講習会の様子です。先日の日曜日に弊社にて、前半は安全・施工管理、後半が技術といったメニューです。今回は初級編ということで若手を中心に基礎中の基礎を学んでもらいました。作業所でのヒューマンエラーによる事故は様々な方面に多大な迷惑を与えてしまいます。そんな観点からも安全に対する教育は常に技術とセットで指導していかなくてはならないと痛感しております。参加者は皆スマホ片手に撮影しながら熱心に受講しておりました。
 このような講習会をしっかり行い、後輩たちへしっかり伝承できる体制つくりを今後も続けていきたく存じます。
 弊社は初心者、経験者問わず随時募集中です。教育体制充実させて皆様からのご応募、ご紹介心よりお待ち申し上げます。

2016年

日大経済学部

2016/12/29

 2016年も本当に早いものであと三日となりました。皆様正月の準備で奔走されていることでしょう。弊社も御多分に漏れず、毎年この時期は工期に追われ手配その他の対応で右往左往しております。
 今年も振り返ると世の中多々出来事ありました。今年の漢字一字は「金」だそうですが、まさに東京はオリンピックの準備に奔走していますね。各競技の会場決定に右往左往、まさに世間の年末の忙しさここにもありといったところでしょうか。
 どのような決定にせよ、そこまでに至る準備の工程はまさに一日一日の積み重ねの結果であります。突貫工事ではおそらく満足のいく決定は出来ないのでしょう。この「一」の大切さ、来年は万人が今一度かみしめる時が来たのではないでしょうか。
 さて、今回の画像は年明けにいよいよ引き渡しを迎える水道橋の日大経済学部新校舎であります。昨今こういった大学の建物はまさにオフィスですよね。構造も鉄骨造が多くカーテンウォールやPCが外壁の主役となり、すっかり左官の出番が減ってしまいました。
それでも「0」にならないのが左官の良い?ところで竣工の前は弊社職長もあちこち現場内を走り回っていたそうです。
 これからオリンピックイヤーにかけてこういった建物の建設ラッシュと言われ、人手不足や工期不足が噴出しそうな様相ですが、我々は努めてこのような世相に右往左往することなく一つ一つ確実な仕上を積み重ねて、来る時代に備えたいと思っております。

本年も各方面の皆様に大変お世話になりました。本当に有難うございました。
来年も弊社ご愛顧のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。m(__)m
三菱多摩落合

2016/02/23

 先週は春一番が列島を駆け巡り、日一日と三寒四温を繰り返しながら春へと歩んでおります。
 年明けからサーバーの調子が悪く、更新ができない煩わしさからようやく解放されました。大変失礼致しました。
 それにしても今年は年頭から有名人の不祥事が世間を騒がせました。あっという間に第一線から転がり落ちる様は見るに堪えないものがありますが、これが世間の目。因果応報なのでしょうか。
 我々の業界も現場で仕事をする上で、常にお客様そして廻りの近隣様と共に進めていることを忘れることはできません。常に感謝と思いやりをもって臨みたいところです。
 さて、今回の画像は年明けに竣工を迎えた多摩センター駅のそばの物件です。弊社は左官工事全般を担当させていただきました。当物件は比較的大きいのですが、躯体の工法が在来工法のRC造だったので、我々の左官工事のボリュームがここ最近ではかなり多くなりました。19階という高さも手伝い、何しろ材料を荷揚げする手間がかなりかかったようです。そういった時間にとらわれず、本来の左官仕上げに専念する時間を確保する難しさを実感した現場でした。

2015年

サーパス春日部中央

2015/09/19

 今年から9月のシルバーウィークが始まり、何をしようか考えあぐねる間も無くただただ働いてしまっている筆者ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 昨日はわが国の将来を変えてしまいかねない法案が成立しました。空を見上げるとここ最近雨雨雨。エルニーニョから来るのかこの災害の連鎖。あちこち火山も怒り心頭・・・。書き始めればネガティブな話題ばかりに注目してしまう今日この頃。小さいことからでもポジティブな話題を提供していきたい我々の願いは果てしなく。
 さて、今回の画像は先日竣工したサーパス春日部の現場です。このマンションの施工は穴吹工務店様で、弊社は今回初めて左官工事を担当させていただきました。次につながる仕事をモットーに弊社メンバーが職長を中心によく頑張ってくれました。現場サイドの施工状況も大事な一つの営業であることを改めて認識させられた現場でした。
西新宿5丁目プロジェクト

2015/06/20

 早いもので明後日は夏至。来週からはまた少しずつ日の光が少なくなっていくのですね。梅雨明けが待ち遠しいです。
 今年に入りわが国は様々な法を巡って論議されていますね。賛否両論いざ知らず、走り出しそうなものもありますが・・・いずれにせよわが国の世界に対する発信力は内容も含め高くしていかないとならないようです。我が業界もそれはそれは世界に対して誇れるような技術をしっかり継承していかなくてはなりません。
 さて今回の画像は現在施工中の西新宿5丁目にある再開発の作業所です。弊社は左官工事全般を担当予定です。先日タワークレーンも2基据え付け完了し、いよいよ地下躯体から地上へ向けて伸びていく準備が整ったようです。来年の10月ごろには60階の高さまで到達していることでしょう。まさに日本一の高さのマンションです。作業場所まで昇って行くのも想像するだけで大変ですよね。
 来年また同じアングルで摩天楼を望む西新宿60をお送りします。日本を代表する建物になるように最高のチームを作っていきます\(^o^)/
コンクリート打放模様補修

2015/02/04

 節分が過ぎ、春光恋しき如月の時です・・・すみません、昨年を省みる事無くあっという間に年が変わってしまいました。
 この間の世の動きに付いて行くのも難儀ですが弊社も含め業界は労務不足も手伝い、ここ1,2年は各社手配に翻弄されたかと思います。ゆとりを持ってブログも更新しなければ…(^_^;) 自戒を込めて今年のブログ初めとさせていただければ。恐縮です。
 さて、今回の画像は前にも掲載させていただいた弊社社屋の擁壁に施したコンクリート打放模様仕上げの経年状況です。先日雨が降った後にふと壁を見ると・・ご覧ください!しっかり撥水効果が持続しているのがわかります。まだ施工から2年足らずなのであたりまえかもしれませんが、撥水剤無施工に比べると防汚効果も含め、良好な仕上げだと思います。手前味噌ですが・・。
 この仕上げは建物内外問わず、また様々な下地に対しても施工可能ですので下地調整から弊社で施工致します。少しずつですが施工実績も増えておりますので、ご興味持たれましたら是非弊社までお問い合わせ下さい。

2014年

北新宿4丁目マンション

2014/07/12

 今年も早くも夏至を越え、世は下半期に突入しました。サッカーでいえば後半戦。ワールドカップはいよいよ決勝戦です。今大会も様々な話題が提供されましたが、とりわけ目立ったのは審判のジャッジやファウルに関する記事かなと思っております。これらは試合の流れ、勝敗、そして選手の運命を大きく左右することもあるわけですから当然といえばそうなのですが・・・。
 憲法の解釈の変更??なんて記事も昨今目にした方もいらっしゃると思います。なんともあいまい不可解な表現(^_^;)それこそ解釈が難しいですね。世の中を左右するような要件がこんな表現でジャッジされてしまうのは、まだまだ我が国の情勢が未だ揺れている体を表しているのではないでしょうか。
 さて、今回の画像は先日竣工した北新宿4丁目にあるマンションです。ここで弊社は左官工事、塗装工事を担当させていただきました。建物自体はそんなに大きくはありませんが、近隣様に囲まれた立地で作業時間には特に気を遣ったようです。竣工前の検査でも指摘をいくつかいただきました。中には足場も解体してしまった状態でどう補修しようかかなり悩んだ箇所もありました。コストも考え様々な方法を検討、迷いましたが決断を早く行い、何とか竣工前に補修を終わることが出来ました。
 新築施工中や手直しをする道中、施工方法で問題にぶつかる時が多々あります。その時の検討、判断、実行はスピーディーでないと後々後悔することが多いような気がします。
筆者も様々な場面で判断、決断を求められることが多々ありますが、極力早く判断、その後の展開に関してもしっかりケアできるように心掛けたいものです。長き迷走、あいまいな判断は弊社メンバーだって揺れてしまいますから・・。

 
ベトナム人技術実習生

2014/03/22

春分の日も過ぎ、日一日と長くなる日にどこか心が緩むこの頃です。皆様花粉症などに悩まされていませんか。
 人々の感動・感銘の念を嘲笑うかのような偽装・詐称・コピペetc・・・それぞれの事情は計り知れませんが、我々のストライクを見分ける選球眼はどこへ行ってしまったんでしょうね・・とりわけ変化球の多い巷のニュースであります。
 さて画像は先日ベトナムへ出張させていただき、ベトナム人技術実習生の選考を行った時の様子です。現地の人材育成・開発センターで行われ、左官に限らず様々な職種の志望者がここで技術の基礎や語学を学んでいます。これは練習用の壁をモルタルで仕上げているところです。日本の施工法と異なる部分もありましたが彼らは皆一生懸命取り組んでいました。弊社の若手にも見せたいくらい?? その後、午後の最終面接を経て弊社は2名の実習生をこの度採用することにしました。
 わが国の建築業界はこの先オリンピック需要や政府の公共事業予算の上乗せも相俟ってこれらを施工する技能工の不足が大変問題になるといわれています。彼らを採用するのはそれらの問題軽減も当然あるのですが、あくまで大義名分は彼らが日本へ来て技術・文化を学び、3年後自国へ戻りそこの仕事で日本で得たものを生かし自国の発展に寄与し、更には両国の相互理解友好親善を図るものであります。
 さて、これから約半年の更なる研修を経て今秋来日する予定ですが、彼らが弊社のためにプラスになるかマイナスになるのか全く以て未知数であります。しかしこれはビジネスでありますから必ずやプラスになる様、一同今からしっかりと受け入れ態勢を整えたいと思う次第であります。
 そして、彼らの選考は偽装・詐称とは無縁のまさにライブです!虚心前向きな目をした彼らにわが国の「失われし選球眼」「少子高齢化」に一石を投じて欲しい淡い期待も込めて…。

2013年

(仮称)津田沼駅前プロジェクト

2013/12/20

 冬至間近の師走の候、時が忙しくあっという間に2014年を運んできそうな今日この頃・・。
皆様今年はどのような年でありましたでしょうか。世は政権が代わり早一年過ぎ、何が変わったのか庶民の生活・・。変わったのは顔のしわと齢の数なり・・。なんて嘆きはここまでにしまして(^_^;)
 さて、弊社も業界も現在大変な労務不足に悩まされております。忙しいことは何よりですが需給バランスの平準化を切に望みたいものです。やはり”いいモノ”を作りたいですからね。
 今年最後の画像は津田沼の駅前に完成しましたテナントビルです。この物件は弊社が左官から塗装まで担当させていただいた第一号の物件です。比較的小規模ではありましたが、今まで塗装工事が半ば他人事のような状態でしたので、今回の工事で少し管理のスタイル、感覚が今後変わっていかないといけないなと一同痛感した次第です。
 とはいえ塗装まで一貫して請け負うメリットも必ずあります。前回のブログでも申し上げましたが来年は左官、塗装セットのご依頼も是非お待ちしております。
 来たる2014年が皆様にとって幸多き年でありますことをお祈り申し上げますm(__)m
関西ペイントによる講習会

2013/10/08

 寒露を迎え、これから深まりゆく秋の堪能を心待ちにしておられる方々も多いでしょう。などと時節の挨拶とは裏腹になかなか去らぬこの暑さ・・
皆様どうか御自愛下さいませ。
 さて、今春より弊社は塗装・防水工事も少しずつですが施工承るようになりました。言うなれば左官による下地から塗装・防水の仕上げまで一貫して施工可能になりました。
 そこで、塗装・防水作業をする立場から左官の下地にどのような要望、そしてクレーム等があるのかしっかり理解することが肝要と考え、先日の会議時に関西ペイント様の担当をお呼びして講習会を催しました。
 普段は塗装等は別会社が施工する為、あまり自分たちの施工に関してコミュニケーションする事はほとんどなかったと思います。これを今回メーカー様を通じて弊社メンバーが話を聞けたことは大変意義のあることだったと思います。
 今後はこうした一貫施工で品質保持、施工ロスを軽減してより良い仕上げを御提供できます様精進して参ります。
 左官業者が提案する一貫施工。まさに ”左官生活” お問い合わせお待ちしております。
建設業許可証

2013/08/23

 処暑を迎え尚続く暑熱に言葉も出ない毎日ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。
弊社も夏季休暇が明け、これから年末にかけては労務不足と戦う日々になりそうです(^_^;)
 画像は8月にようやく出来上がった建設業許可票です。今回業種を左官の他種々登録を増やしました。今までより広いニーズにお応え出来る体制が整いました。皆様からのご依頼心よりお待ち申し上げます。
国宝姫路城大改修

2013/07/03

 昨日姫路城の見学へ行って参りました。と申しますのも今回50年ぶりの城の大改修ということで主に屋根葺き替えおよび外壁の塗替えの左官工事を見て来たわけです。画像の中の遠くに見える仮設の囲いの中で着々と進められています。城の改修ですから当然漆喰の出番が多いのです。普段はあまりない仕事ですが、古来の工法ですから伝統を絶やすまいと各職人の皆さんの心意気をその仕上がりに感じました。我々もこの伝統をしっかり持ち帰りたいと思いました。
 今回の大改修の見学ツアーも充実しておりますし、ここは来年のNHK大河の舞台でもあるのでこちらの方面に行かれる皆様には是非見学をお勧めいたします。ここだって世界文化遺産ですよ!富士山だけではありません。
 しかし日帰りは疲れました・・(>_<)
一級左官技能士試験

2013/06/28

 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。
この時期になると我々は毎年の如くそろそろ技能士試験の対策は・・・と傾倒してしまうのです。
 本年も弊社は3名の受験者がおります。既に一級左官技能士は弊社に30名を超えますが、このライセンスを重く捉え更なる資格保有者が増えるよう、毎年試験前に弊社独自に学科試験から技能試験まで対策講習を行います。画像は技能試験の課題となる架台です。この型に石膏、漆喰を塗り、規定の寸法の形を仕上げるのです。後日前述の3名がこの架台で練習をします。さて、3名の運命や如何に・・。
本格オープンです。

2013/06/21

 長らくお待たせいたしました。サイトリニューアルに伴い、この程新社屋への移転および改修工事が無事終わりまして心機一転再スタートでございます。
 今回の移転に際し御尽力いただいた皆様に厚く感謝申し上げます。
 また、4月より弊社はリニューアル部を新たに開設し多方面からお客様のニーズにお応えできる体制を整えております。今後共変わらぬ御愛顧の程どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m
 こちらの画像は弊社事務所入り口付近のサインウォールです。弊社のサインを中心に周りを茶色のジョリパットで校倉仕上げにしました。夜間に照明を点けると浮き出す陰影がなかなか味があります。
WEBサイトリニューアル!

2013/02/27

WEBサイトをリニューアルしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

2012年

ザ・パークハウス津田沼奏の杜

2012/12/26

寒風身に染む冬の候、皆様風邪など引かれていませんか。今年はノロウィルスが例年に無く猛威を振るっているようです。毎年暮れの繁忙期、気が付けば今年もあと5日しかないのですね。何とも自身の余裕の無さを感じるところであります^_^; 来年は心に余裕を持って何事にも取り組みたいところであります。
時の早さと共に我が国の永田町運営の舵取りもコロっと変わったようですね。外交、財政、農業・・・etc多々問題を抱えているこの国にいかなる特効薬を注入されるのでしょうか。そんな特効薬があればもうとっくに景気は良くなってますかね・・。特効薬に頼らず日頃からの一人ひとりの役割をしっかり把握した上での地道な行動が何よりも代え難い大事な礎と言えるでしょう。
我々の業界も長年奇をてらわず地道な技術の継承を第一として邁進して参りましたが、ここ数年は若手職人の不足に各社悩んでおります。平均年齢も10年前に比べるとぐんと上がっているのではないでしょうか。業界に魅力が無いのか、はたまた少子高齢の結果なのか、軽く論じることは出来ませんが、私共が出来ることはこの業界を魅力あるものにする事そして左官技術の価値向上を訴えていくことではないでしょうか。あまりのここ数年の安値受注の連鎖であっという間に左官工事の予算が雀の涙になってしまったようです。。。
来年は単価倍増計画なんて夢を持ちながら、今回の画像はJR津田沼駅そばに建設中の「ザ・パークハウス津田沼奏の杜」です。来春には竣工を迎えるこの物件は現在外構工事の真っ最中であります。総戸数721戸のこのマンモスマンションは既に完売しているそうです。この地域の人気を物語っています。弊社は左官工事全般を担当させていただきました。この物件も先ほどの雀の涙ではありませんが、近年プレキャストコンクリートという工法が採用される為、我々のいわゆる左官補修工事が少なくなっております。もちろん全体のコスト削減の結果でありますから有効な工法なのですが。こういった物件ばかりになりますと左官屋らしい仕事が本当に出来なくなりそうである意味危惧してしまいます。
長くなってしまいましたが、来る2013年も明るく前向きな話題を提供できます様、弊社はもとより我が業界元気に頑張っていきます。来年も皆様からの更なる御用命、一同心よりお待ち申し上げております。良いお年を!!
保安帽リニューアル!

2012/10/01

秋雨の候、すっかり空気は涼しく入替り、金木犀の香りが所々で我々の鼻に秋を知らせるこの頃ですが如何お過ごしでしょうか。秋季に変わるこの時節、冠婚葬祭様々多いように思われます。されど訃報だけはいつの日でも耳に入れたくないものですね。どうか皆様ご自愛下さいませ。
「社会の窓」を開けてみますとこれはこれは毎日がニュースだらけですね。未だ見えぬ政権運営、野党の総裁選がこれだけ目立つのも異例ですよね。次の内閣の頂にはいったい誰の顔がのぞいているのでしょうか?外を見れば日中、日韓の領土問題。。。国内外で皆お祭りでもないのに踊らされているようです。
我が業界は去年に引き続き少々労働不足の感があるようです。殊に年末にかけては各現場人手の取り合いになるのではと我々含め各社担当の皆さんは懸念されています。暇よりはましなんて言ってられなくなりそうです・・・。
さて、10月に入り弊社も半期決算が無事終わり、心機一転とまでは行きませんが初の保安帽リニューアルしました。この製品はスターライト社の新製品でまだあまり出回っていないそうです。コストも高いからでしょうか^_^; でも、今までにはないデザインで、少しでもアピールできたらなんて思っております。
年末にかけてはこのように忙しいかと思いますが、一方で来年以降の受注営業も着々進めております。来年以降の御用命是非お待ち申し上げます。お気軽にお問い合わせ下さいm(__)m
世田谷区O邸増築工事

2012/07/02

梅雨の候、とはいえ今年は朝夕涼風肌に感ずこの頃ですが皆様如何お過ごしでしょうか。この季節、雨天前は古傷が痛むなんて声も聞かれますが、どうか皆様ご自愛下さいませ。
我が国の政はますますの難解迷路に入り込んだようです。。やれ離党、やれ議席減少と何とも進むべき方向とまるで違う道を一丸となって転がり落ちているようですねぇ(~_~;) 何だか一生懸命働いても不安なのは私だけではないはずです。
さてボヤキはさておき、今回の画像を紹介します。世田谷区にあるO様邸です。
今回、お客様の要望によりかねてから狭小に感じていたリビングの拡張増築を依頼戴きました。画像の外壁のグレーの部分が今回増築した箇所です。外壁モルタル塗の工程ですね。内装工事も同時施工です。
このような僅かな増築に見えますが、このスペースが意外なほど日々のライフスタイルに余裕を与えてくれるものです。
時と共に家族が増えたり、ライフスタイルの価値観も変わるでしょう。そういった変化に対応することも我々の業界の責務かと思います。
身近にこんなスペース欲しいなぁ、このスペース有効活用できないかなぁ、そんなお声お待ちしております。
浅草観光センター

2012/04/20

方々の葉桜も、これまた新緑の季節を窺わせる、桜色とはまた違った趣の絵が広がる今日この頃ですが皆様如何お過ごしでしょうか。
毎度のことながら世の中に目を向けてみますと、洋の東西から国内にかけてわからない動きがたくさんあります。
相変わらずの原油高騰、依然燻るユーロ危機、北の「発射」失敗、日本では依然後手に回る復興諸事、永田町の続く足の引っ張り合い・・・。

こんな諸処不安な記事が新聞に踊りますが、世の中不思議です、時代は刻々と築かれていくのですね。皆生きていかなければならないのですから当たり前ですが^_^;
「少しでも世の中を良い方向に!」リーダーの皆さん!ナイスショット期待してます(^_^)v

さて、今回の画像は浅草の雷門の目の前に完成した「浅草観光センター」です。弊社は左官工事全般を担当しました。
この建物は名称の通り、浅草観光の拠点となるべく計画されたものです。それに相応しい和テイストあふれた個性的な建物ですよね。外装に多数のパネルを並べることで、見る角度によって様々な顔を見せてくれます。また、箱がランダムに積みあがったようなデザインは「ずり落ちてくるのでは・・・」なんてドキドキ感も誘う、何とも観光意欲をそそるデザインであります。このような後世にも引き継がれるような作品に携われたことは一同誇りと自信に繋がりました。

前述のリーダーの皆さん、そして我々建築業界はこの先地球という名のキャンバスに何を描くのでしょうか?是非その上には無数の夢に満ちた未来を彩って欲しいものです。決して利益、エゴに染まった無機質な世界でないことを祈り続けたいものです。
青梅老健(西東京ケアセンター)

2012/03/10

皆様本当に本当にご無沙汰しておりました。前回の記事の通り我々の業界もさらに繁忙を極め、更には人手不足に短工期と、何とも方々で難題を多々抱えておりました・・・。「暇よりは良い」なんて心の中でつぶやきながら一同頑張っているうちにカレンダーに目をやると、あらら啓蟄も過ぎてしまったんですね。もう春の便りが届きそうです。
さて、この春の便りと共に完成したのが今回の画像、青梅老健です。弊社は左官工事全般を担当しました。正式名は西東京ケアセンターで、青梅市の多摩川畔にあり長閑な風景が広がっております。そんな風景とは裏腹に工事の方はかなりの短工期で、各業種関係者の皆さんは殺伐とした現場の中で人手不足に相当悩まされたのではないでしょうか。弊社も多聞に漏れず、特に年末年始は人数確保に四苦八苦しておりました^_^;
また、この建物の特徴は免震構造というところでしょう。見た目にはわかりませんが、地下には免震ピットというものがあります。その中に免震装置を何箇所も設置して建物を支えているわけです、簡単に申し上げますと・・・。これを構築する工程がまた余計にかかった訳ですね。しかし1年足らずでよく仕上がったものです。日本の技術力はやはりすばらしい!

来月あたりこの建物を見ながら多摩川で花見なんて良いですヨ〜(^_^)v

2011年

六高台特養

2011/12/29

前回更新から・・・あらららあっという間に3ヶ月・・・^_^;
皆様本当にスミマセンm(__)m 筆者は忙しいと言えば言い訳になるので何も言いませんが、何ともこの下半期は業界全体が慌ただしいですね。有り難い事ですが・・。

さて、2011年も残すところあと2日。駆け足のように過ぎる日々を振り返る余裕も無くここまで来てしまいましたが、本年も大きな事故等無くこの時期を迎えることが出来て、我々のメンバー及び関係各社様には感謝感謝です。
来年は国内外でまさに激動と言われる年になるのではと方々で囁かれていますが、是非良い方向へ向かう動きを期待したいものですね。我々もこの世相の波に上手く乗りながら来年も業界の更なる飛躍を祈念しつつ、尽力注いで行きたいと思います。

さて、今年最後の画像は千葉県松戸市に竣工した六高台特養です。弊社は左官工事全般を担当させていただきました。この現場は既存の建物がすぐ背後にあり、一部解体しながらの建築でした。この新築の時は当然既存建物の入所者の方々の安全に特に配慮する必要があったようです。
これからは、どのような建物でも一部を利用しながら建替えるケースが多くなるように感じます。当然スペースも限られ、第三者災害も注意しながらですから、建築計画にはかなりの知恵と配慮が必要になるでしょう。我々専門業者としても技術力云々抜きに一施工者としての対応の仕方も多々問われるように思います。そういったヒューマニティーの向上もこれからの課題であると痛感しております。

来る2012年も無事故無災害、そして多くのお客様と出会い、一つでも多くの技術を皆様に提供できます様、たゆまぬ努力をして参ります。来年も弊社御愛顧の程、どうぞ宜しく御願い致します。

皆様、良いお年を!!
東上野5丁目計画

2011/09/20

今度こそ夏の終わりを告げる台風15号が、駆け足のように関東に接近しておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。
嗚呼・・皆様ごめんなさい。気が付いたら2ヶ月以上も更新怠ってました。。。言い訳無用。どうもスミマセンm(__)m
この間にまたまた我が国のトップが変わりましたね。政治・経済の教科書も忙しゅうございますなぁ。なんて冗談さておき、今度の内閣に何を期待すれば良いかもわからない(-_-;) これが本音でしょうか・・。
いやしかし、我々の業界はそんな迷走する社会に惑うことなくベクトルをしっかり向けていたいものです。弊社のモットーは当ホームページの冒頭の通りでございます。たとえ誰がトップになったとしてもですヨ(^_^)v

さて、今回の画像は先月引渡しの終わった現場でございます。施主は東京メトロ様で左手がオフィス棟、右側の細い建物が住宅棟になっております。一見、一つの建物に見えますが、しっかりと二棟建てになっているのです。弊社は左官工事全般を担当させていただきました。
こういった性格の違う二棟を同時に進めるのは、資材の搬入計画に始まり工程や段取が非常に難しい時があるようです。何せ、2現場を同時施工しているようなものですから・・。担当の職員の方々も苦労されたと思います。弊社のメンバーも午前中はオフィス棟、午後は住宅棟へなんて駆けずり回る日も多かったようです。
東上野の一角にまた新たなランドマークが出来ました。お近く立寄りの際は是非見上げていって下さいね。
熱中症予防研修会

2011/07/12

早々と梅雨も明け、夏本番の日差しが降り注ぐ今日この頃ですが皆様如何お過ごしでしょうか。
今年も気が付けば下半期に突入してしまいました。上半期に何をやってきたんだろうと省みる余裕も無く毎日が駆け足のように過ぎていきますが、時間は大切にしたいものですね(^_^.)
さて、今回の画像は毎月弊社で行われる職長会議の中で、今月は熱中症予防研修会を謳って、弊社鈴木部長が講師となり、独自の資料を作成して講義している模様です。
最近は業界各社このような熱中症予防の指導を義務付けられているようで、私共も指導する側としての講習を受講するようになっております。
それにしても、予防の知識を身につけてもなかなか完全に防げないのが熱中症です。「暑熱順化」なんて言葉を皆さん耳にしたことがあると思いますが、夏本番になりつつある時期に暑さに早く身体を慣らすことが大切なようです。毎日適度な運動を行って汗をかくこと、これに尽きるようです。屋内にいることが多い方は特に心掛けてみては如何でしょう(^_^)v
このような話題も織り交ぜながら、予防や対処法と具体的な指導を日々行っております。熱中症予防に関して何か気になる事がございましたら何なりと弊社までご連絡ください。左官屋ですけど丁寧にお答え致します。出張研修会もお声をかけていただければ喜んで伺います。
打放化粧補修

2011/05/28

5月も残り少なくなり、いよいよ入梅間近の季節となりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか?
更新がさらに遅れてしまったことお詫び申し上げます。反省ならサルでもできますネm(__)m

さて、気を取り直して?今回の画像はコンクリート面の打放化粧補修の様子です。専用の道具でコンクリートの色合いを調整しているところです。パターン付けなんて私共はいいます。
コンクリート打放はマンションでも一戸建てでも皆様よく目にすると思います。この仕上は文字通りコンクリートを型枠に打設して、型枠を解体してそのままの状態のことを言いますが、現実はそのままというわけにはいかないのです。
実際には小さな穴ができたり色むらがあったり、少しお化粧を施さないと素地として見れないケースが多いのです。
また、打放面の上に塗装やタイル等の仕上げが無い為、定期的にメンテナンスを行なわないとすぐに黒ずんだり汚れが浮き出てきたりとデリケートな一面もあるようです。
しかし、新築やメンテナンス時にしっかりとした施工をすればかなり長い期間でも美しい打放面が保たれます。
弊社も打放に関しては10年以上の営業を続けておりますが、日進月歩様々な工法が生まれてきました。外装に限らず内装も、以前の記事でも紹介しておりますが内装のボード面等、あらゆる下地に打放仕上げを施すことが可能です。

打放壁のメンテナンスをお考えの皆様、はたまた内装壁で打放面を作ってみたいとお考えの皆様、是非弊社までご相談下さい!お電話お待ちしております・・_(._.)_
浅草タワー

2011/03/30

過日3月11日の東日本大震災において被災されました皆様に心より御見舞い申し上げます。
戦後最大となってしまいました今回の災害ですが、映像を見る度辛い気持ちになりました。遠く離れた我々が果たして何が出来るかと考えたり、はたまた現実には流通停滞による物資供給困難で様々な対応に奔走しているうちに、ついつい記事の更新を怠ってしまいました。東北の方々に叱られてしまいますね。。。
閉塞感に陥ってしまいがちな昨今ですが、我々は前向きに目の前の仕事、生活に感謝しながら少しでも被災地の方々に活力を与えられるような活動を日々心掛けなければならないと感じております。
一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。頑張れ東北!!

さて今回はこれからの日本の姿のように上を向いてぐんぐん伸びるスカイツリーに負けない、その近くに建築中の浅草タワーです。完成すると37階建ての超高層マンションになります。弊社は左官工事全般を担当させていただいております。
こういった超高層の建物はあらかじめ工場で製造されたコンクリートの部材、これらをPCと呼びますが、それらをクレーンで吊り上げて組み立てていくといった工法が主流です。ですから、あらかじめ綺麗に作られたPCが来るので我々左官屋の補修の出番があまり無いような気がしますよね。しかし、地下部は型枠を組んでコンクリートを打設するRC造も有るのでそういう箇所の補修や地上階でも各所左官の手が入らないと仕上がらない部分も多々あるようです。
最上階まではまだまだ道のりがありますが、弊社メンバーも天空のゴールに向かって日々頑張っております。
2010年度もあと一日ですが、来る2011年度も弊社御愛顧の程、一同心より御願い申し上げます。
小金井科学技術高等学校

2011/02/08

梅花の候、余寒もまだまだ続きますが皆様お変わりありませんか。早いもので今年も一月経ってしまいました。
さて、今回は小金井科学技術高等学校の建物です。画像は体育館です。その他に校舎の改築も同時に行っております。弊社は左官工事全般を担当させていただいております。
学校の体育館というと、丸いアーチ型の屋根を思い浮かべますよね。今回の写真はまさにそのアーチが架かる前の状態です。いささか「オープンエアー」状態ですね。なかなかこのような状態を普段皆さんがお目にかかることが無いかと思って、今回画像に収めてみました。この後にいわゆる屋根を張る板金屋さんが施工するわけです。これから春の竣工を目指して内外装の仕上げが急ピッチで行われるところです。我々もその下地のコンクリートの補修で今日も多くのメンバーが入っております。

現場のお話はこのくらいにしまして・・・。少し告知のほうを・・・。

来る2月14日(月)の15:00〜10分程、東京FMの「シナプス」という生放送の番組で、筆者が電話でですが
少し出演させていただくことになりました。何か左官のこと、それにまつわることを話せたらいいなと思っております。お時間が有りましたらお聴きくださいませ。
武蔵野プレイス(その2)

2011/01/22

寒風身に染む睦月の空でありますが、皆様如何お過ごしでしょうか。
新年を迎え、あっという間に大寒を過ぎ、正月の空気などどこへやら・・・。筆者は忘年会に負けない数の新年会、賀詞交歓会へ足を運んでおりました。
新たな年の志と共に、遅ればせながら本年もどうぞ宜しく御願い申し上げます。
さて、先日我が国の内閣は改造が行われました。きっと良き道に導いて戴ける事を期待しなければなりません。我々の業界も長い歴史の中、様々な試行錯誤の繰り返しでした。しかしどこか世の景気に左右され「高いから」「安いから」と安易に妥協した仕上げが行われてきていたような気がします。特にここ15年くらいは・・・。
この1年は「本当に良い物、良い仕上って何だろう」このワンテーマを常に心に置きつつ、左官技術の本当の良さを皆様の五感に訴えられるようなPRをしていけたらいいなと思っております。なかなか文章や話では伝わりきれないものなんですよね。
前置きが長すぎましたが・・・今年最初の画像は、一昨年も掲載しました「武蔵野プレイス」です。前回はまだ地下に向かってひたすら掘削を行っている様子でしたが、今回は既に地上部の建物はほぼ完了し、現在は内装及び外構の仕上げが急ピッチで行われている模様です。
この建物の特徴といえば、まず「角が丸い」でしょう。外も中も見事に角が取れています。内部は特に「かまくら」のようにどこか包まれているような雰囲気があります。内装色も白、外装色も白なので見た目は「白亜の未来洞窟」といった感じでしょうか・・。
弊社は左官工事全般を担当させていただきましたが、この丸みを帯びた仕上にかなり時間を割いたようです。久々ベテランの技が光った建物ではないでしょうか。
当物件は武蔵境駅南口前に位置し、市民の図書館を中心とした施設ですのでお気軽にお立ち寄りいただけます。是非お近くにお寄りの際はご覧下さい(^_^)v

2010年

松原小学校

2010/12/27

♪もうい〜くつね〜る〜と〜・・・なんて歌声が方々から聞こえてきそうな年の瀬ですが、皆様お変わりありませんか。
筆者にとって今月はまさに師走に相応しい忙しさでありました。おかげさまで・・。
我々左官業界もこの年末に来て少し慌ただしく現場が動いているようですね。ですが、ご依頼いただきましたらいつでもどこでも伺いますので、どうぞ何なりとお申し付け下さいませ。
さて、今年最後の画像は11月末に完成した埼玉県草加市の「松原小学校」です。弊社は左官工事及び外壁の打放化粧仕上を担当させていただきました。
昨今、学校の改築は小中学校合同の建物になったり、地域の施設が併設されたりと、学校とはいえ実に多機能な性格となっております。これも少子化をはじめ時代の流れですね。
校舎もそういった流れもあり、3棟とプール棟からなっております。昔は校舎が1棟ドーンというのが多かったと思います。
来年からここに通う子供達の笑顔を心待ちにしている、素敵な校舎達です。

今年もいよいよ残り僅かとなりました。本年も多方面より多くの御依頼、御問い合わせをいただきました。我々も皆様のお声をいただきながら充実した1年を過ごすことが出来ました。誠に有難うございました。
来る年も更なる品質、安全面の向上を第一モットーに精進して参ります。どうか変わらぬ御愛顧の程、宜しく御願い申し上げますm(__)m
神宮前S社(ジョリパット アラカルトボーダー仕上)

2010/11/19

立冬もとうに過ぎ、ちらほら忘年会の知らせが届く候となりましたが皆様如何お過ごしでしょうか。
世界に目を向けますとAPECやG20と今後の世界経済を左右するような会議が行われました。しかし我々もの作りの前線は決してぶれることなく粛々と「良い品質」を提供し続けなければいけないなと思う今日この頃であります。
さて、今回の画像は神宮前にある企業様のエントランス部分の壁に施工された、ジョリパットの複数色をボーダー状に仕上げたものです。通常ジョリパットは一色を一つの壁に施工するのが一般的ですが、今回は弊社でも珍しいオーダーをいただきました。
画像を拡大していただけるとわかるかと思いますが、材料の中に「ワラスサ」も混入してますので、模様は近代的ですが、色と色の継ぎ目が和紙を張り合わせた様になっている為、少し和の温もりを感じる壁であります。
デザイン壁は応用の積み重ねであります。お客様のあんなこんなご要望がその糧であります。皆様の「オンリーワン」の壁をクサノがご提供致します。どこの壁でも御興味頂けましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
池袋某ホテル(ブロック基礎工事)

2010/10/12

ようやく衣替えできそうな、朝夕は涼しくなり、モツ鍋の美味しい候となりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。
弊社は9月末に決算を迎え、渋い顔をしながら、しかし前向きに今期に突入しております。今期も一つでも多くの皆様との出会い、御用命をいただけますよう精進して参ります。どうぞ宜しく御願い申し上げます。
さて、今回は池袋の某ホテルにて、駐車場スペースをブロックで間仕切を施してカフェスペースを作る工事の御用命をいただきました。この工事はただブロックを積むだけですと、弊社が平素から行っている作業なのですが、今回は外部に絡んで防水を施すということで、最下部から少し立上りをコンクリートで基礎躯体を構築することになりました。この作業は左官工事という範疇ではめったに無いのですが、ここは株式会社クサノです!(^^)!基礎の型枠から鉄筋の配筋、コンクリート打設まで弊社で行いました(^_^)v 写真は基礎コンクリート打設終了時ですが、この後そばに置いてありますブロックを天井まで積み、その後外部にモルタルを塗って下地を作り、塗装やタイル等の仕上げができるのです。
こうしたスペースの有効活用、ちょっとした増築をお考えの皆様、ぜひ外部の仕上げまで一貫して出来る弊社にご相談下さい。きっとお役に立てると思います(^_^)v
〜人生も建物も基礎が大切なり〜
国立精神・神経医療研究センター

2010/09/08

本日は連日猛暑の中、久々の雨模様です。もう少しでこの暑さを乗り越えられると思うとホッとしますが、筆者は既にバテ気味です(@ @)
今回は、小平市にある国立精神・神経医療研究センターです。この現場は何期かに分かれ、広い敷地の中に様々な用途の施設が次々と完成しております。今回完成したのは病棟及び診療棟、重心病棟などです。弊社は左官工事及び外壁のジョリパット仕上げを担当しました。
特にジョリパットは約10,000uもあり、内部の仕上げとラップする2月から4月頃は連日30人近い弊社メンバーが駆け回っていました。外部足場が解体されると、和テイストのきれいな仕上げがお目見えしました!その他コンクリートの打放模様仕上げも加わり、和の中へのコンクリート融合がごく自然に描かれた建物になった印象を受けました。
このような環境の中で入院される患者様方の、一日も早い快方を願うばかりでございます。
北戸田Eマンション

2010/08/06

例年にない猛暑の毎日ですが、皆様ご機嫌如何でしょうか。
弊社メンバーもこの暑さに負けぬよう頑張っております(^_^)v
さて、今回はJR北戸田駅の西側にもうすぐ竣工のマンションです。弊社は左官工事を担当させていただきました。規模はこじんまりしていますが、こういったRC造の建物は左官屋の出番が結構多いものです。建物のあらゆるところに我々の手が入っているといえるでしょう。厳しい予算の中、弊社メンバーも常時1ないし2人体制でここまで頑張ってくれました。こういったマンションの新築は近年少ないですが、これからは経年劣化したマンションの建替えや改修が徐々に増えていくのではないでしょうか?特にオーナーが個人様の比較的小規模のマンションの経年劣化でお困りのケースは無いでしょうか?検査から補修まで何なりとご相談ください!!
ソウル日本人学校

2010/07/8

またまた1ヶ月以上更新していませんでした・・。私は今ソウルに出張中でございます。決して国内の仕事から逃げたわけではないのですが(笑) 今回縁がありまして、韓国はソウル市内の日本人学校で主に床の補修の作業の依頼をいただき、弊社メンバー2人と私合わせて3人が日本代表として!?伺わせていただいております。
やはり国が違えば工法も然りで、我々の施工法とはかなり違う部分も多かったように思われます。床の補修に関しては、材料も現地に無かったので日本から300袋送りました。朝は7時30分から朝礼、夜は20時でも外は明るいのでなんと昼間の長く感じること!おかげさまで周囲の期待とは裏腹に健全な(?)生活を送っております。
写真の通り、建物の外観はかなり仕上がってきておりますが、竣工が9月ということで現在内装またはこれから外構の工事が急ピッチで行われるところです。アウェーでの仕事ではありますが、臆することなく我々の持っているものを発揮できたらと思います。また、現地の施工法や安全管理の部分も参考に出来るようしっかり見てきたいです。
海外のお客様のオファーも大いに期待しつつ、まずは目の前のソウルの現場を本場焼肉とともにしっかり噛み締めてまいります!
真空コンクリートリング仕上げ

2010/05/28

すみません!1ヶ月以上も更新していませんでした・・。筆者は元気ですよ。
さて、今回は床のコンクリート工事です。中でも画像は地下駐車場に入るスロープ床に施工した真空コンクリートリング仕上です。真空?なんぞや?と思われる方もいらっしゃると思いますが、簡単に申し上げますと、コンクリート打設し、ある程度トンボ等で均した後で、特殊な機械でコンクリートの水分を急激に吸い取ってしまうのです。それにより早期にコンクリートの強度を得ることが出来るのです。その過程でドーナツ状のリングの型を入れるとご覧のような滑り止めになるわけですね。車の通るスロープに多く見られると思います。ショッピングセンターにもよく見受けられますよね。
小さな面積でも大丈夫です。スロープの施工をお考えの際はぜひお問い合わせ下さいませ。
渋谷某ホテル(浴室工事)

2010/04/15

4月に入り寒暖の出入りが未だ治まらぬこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は渋谷道玄坂にある某ホテルの改修工事を撮ってきました。今や日本の浴室はユニットバスが主流になり、左官でモルタルを塗りタイルを貼ると言う様な仕様は少なくなりましたが、こういったホテルはオーダーメイド的な要素が高く、形作りはやはり左官でブロックを積み、浴槽を据え、タイルを貼るというような工程が欠かせないようです。中央の円状に積んだブロックの中に浴槽が入るわけですね。ユニットでは出せない高級感のある仕上がりが期待できそうです。1日の疲れを癒す大切な場所です、ユニットバスよりは割高ですが人とは違うオリジナル空間の浴室をとお考えの皆様、是非ご相談ください。
サッシ廻りモルタル詰め

2010/04/02

皆様、あっという間に新年度の始まりです。桜も満開で花見の予定も多々おありになることでしょう。今年度も弊社一同、左官技術はもとより各種リフォームの素敵な世界をお届けできるよう日々精進して参ります。今後共、変わらぬご愛顧の程、宜しく御願い申し上げます。
さて、今回はサッシ(窓枠)廻りのモルタル詰め作業の様子をお届けします。普段皆様はこの仕上げを目にすることは少ないと思います。ほとんどは内装の仕上に隠れてしまうからです。また、木造では木枠に直接はめ込まれることが多いのでこの作業はコンクリート造に多く見られます。専用の手動式のポンプでモルタルを隙間に充填する、比較的単純な作業のようですが、この仕上げが悪いと外からの雨漏りの原因になりやすいのです。特に施工後のチェックが重要になる作業なのですね。
古くなったサッシなんか簡単に交換できないだろうと思ってらっしゃる方いませんか?木造、コンクリート造にかかわらずお気軽にご相談下さい。1枚でも見積させていただきます。
ジョリパット爽土(土壁調仕上)

2010/03/09

松戸の新鎌ヶ谷にあるマンションの新築工事で、エントランス部の壁の仕上を今回「ジョリパット爽土」という材料で土壁調に仕上げました。このような仕上は皆様はよく飲食店の内装等でご覧になっているのではないでしょうか。こういった壁のゴツゴツ感を鏝を使って表現するわけです。アート的なセンスもどちらかというと必要ですね。こういったクロス等では出せない立体感のある壁に興味を持たれましたら、ぜひ弊社までご相談ください。既存壁のジョリパット塗替えも可能ですよ。
ブロック積み

2010/02/13

御無沙汰してしまいました・・
今回はコンクリートブロックというものを積む作業です。昔はこのブロックの壁が多くて専門業者も多数ありましたが、現在は使用箇所も少なくなり我々左官業者がついでにやるというようなスタイルに、いつしかなっていったようです。今回の現場も見積には無かったのですが、急遽依頼されまして・・。でも飲食店の厨房、建物の地下の壁などはどうしてもブロックを積まなければならないことが多いのです。ある意味左官屋なら出来なきゃいけない仕上ですね。
皆様の家の塀はいかがですか?ブロック塀は傷んだり傾いたりしてないですか?ブロック塀の表面を鮮やかな仕上にすることも出来るんですよ。ぜひぜひブロックも左官屋のクサノでご相談承っております。
珪藻土塗り(下地)

2010/01/08

皆様、新年おめでとうございます。本年も一同尚一層の努力の上、高品質の技術をご提供できるよう頑張ります。どうぞ宜しくお願い致します。
さて、新年早々の仕事の様子であります。小金井のお客様宅の内装をクロスから珪藻土に変更していただきました。写真は下地塗りの様子です。ボード面に石膏系の下地材を全面に塗り、その上に珪藻土の仕上材を塗りこみます。カラーも薄いピンクやグリーンも採用して明るく風合いのある壁になりそうです。何といっても自然材なので体に優しいのが珪藻土の売りですね。皆様クロス張替え等ございましたら、今度はぜひ珪藻土をご検討下さい。問い合わせお待ちしております。

2009年

パプアニューギニア大使館

2009/12/08

工事もいよいよ佳境をむかえたパプアニューギニア大使館の現場です。建物の外装は外部足場も解体されきれいに仕上がっていますが、内装や建物周りの外構は、これから急ピッチで進められるところです。弊社は左官工事全般を担当させていただいてます。この建物はなんといっても正面のルーバーと呼ばれる横線模様の金物がひと際目を引きますね。外装は他にもタイルあり、コンクリート打ちっ放し仕上ありと小さい建物ながら仕上のメニューは多種多様であります。高級住宅街の中に相応しい素敵な建物になるのではないでしょうか。あゝこんな建物に住んでみたい・・・
外壁モックアップ

2009/11/19

本日、前出の武蔵野プレイスの現場へ外装モックアップの下地補修の打合せに行ってきました。モックアップとは簡単に言えば実物大模型といったところでしょうか。これを製作することで完成建物の外装のイメージを具体化させて細部の仕上げを検討するのに役立つわけです。それにしても今回のものはかなり大掛かりだなあと感じました。ベニヤ板でコンクリートの躯体を模型化し、その上にコンクリ色の板を貼っている途中であります。これが本物でもいいくらいよく出来ているんですよ。このコンクリ色の板の上に我々が補修をして、最後に塗装等の仕上げがのるわけです。テレビや映画の撮影用のセットもこんな感じなんでしょうね。そんな方面の方からの依頼もいつかいただけたら面白いだろうなあと感じた1日でした。
プロロジスパーク市川II

2009/10/31

先日竣工したプロロジスパーク市川IIです。首都高速湾岸線千鳥町ICのすぐそばの物流倉庫です。こちらの建物は免震構造になっているのが最大の特徴なのではないでしょうか。その為、地上階に施工が至るまで普通の構造の建物より大きな手間がかかっています。弊社は当現場の左官工事を担当させていただきました。やはりこういった鉄骨造の建物はモルタル等の塗り物が少ない傾向にありますが、建物が出来上がってくるにつれてさまざまな隙間、段差、穴など左官の手が入るべき箇所が徐々に増えていくようですね。竣工間際は夜遅くまで弊社メンバーも頑張ってくれたようです。こんな広い倉庫、弊社も借りてみたいものですねぇ〜(^_^)v
コンクリート打放補修

2009/10/15

気が付いたら1カ月も更新さぼってしまいました(*_*)すみません。今回は基本中の基本、近年の左官工事の一番多い仕上げのコンクリート面の打放補修です。打ち上がったコンクリートの躯体面に我々の補修が入り、そのあとで様々な仕上(タイル、吹付、塗装etc)になるのです。簡単にいえばそれぞれの仕上の下地を我々が作るわけです。写真は吹付下地の補修をしています。近年は薄塗仕様が主流なのですぐにマスターできるのですが、やる人のセンスによって仕上りの早さ、美しさに大きな差がでるのも事実です。最近は改修の物件でもこれらの補修が活躍することもしばしばです。例えば今までコンクリートの打ちっ放し模様の外壁だったものをタイル張りや塗装に変更する時などは我々の下地補修が必要なわけですね。その逆のパターンも可能なのです。「壁の模様替え」ときたらクサノに相談して下さいね。
聚楽(じゅらく)塗り

2009/09/15

練馬の中澤様邸で和室内装壁の聚楽(じゅらく)を一部塗り直しをしました。聚楽は日本家屋古来の材料で体に有害物質の少ない自然素材ですのでここ数年は改修での依頼をいただいております。仕上がった部屋は何とも言えない和室の味があります。もし御自分の家の和室で聚楽に塗り替えたい、少し色褪せて傷んだ聚楽を何とかしたい、そんな問い合わせ是非お待ちしております!明るい和室に変身させますよ(*^^)v
新宿「希ぶんや」

2009/09/07

先月末に新宿歌舞伎町にオープンした「希ぶんや」です。この店は筆者の幼馴染がオーナーなのです。宣伝を兼ね、はたまた弊社も厨房の床施工等担当させていただいたので弊社施工記録として掲載しました。当店は内装はシンプルで厭味が無く、店内に入ると洋楽が流れ、大型モニターも配置されスポーツ観戦もできそうな空間です。若者向けと思いきや料理は串焼きを中心に、こちらは落ち着いた「和」テイストで、老若男女問わず安心して楽しめる和と洋が見事融合したお店です。歌舞伎町でお客様や御友人と会食の際はぜひお立ち寄りになってみては如何ですか(*^^)v
お店情報
「希ぶんや」新宿区歌舞伎町1-10-11平沢第一ビル1F
TEL&FAX03-3264-6168
営業時間:18:00〜9:00(朝食目当てでもいいかも・・)
二十一会会議

2009/08/28

弊社で毎月21日に行われている会議の様子です。21日に開催するので二十一会と名がついたようです。各現場の職長を中心に集まり、司会は各自交替で担当し、現場の報告や各種意見交換、新工法や材料の勉強会をコミュニケーションしています。昨今の不況のせいか、会議の話題は湿っぽいものも多いですが、そんな中で弊社のメンバーからプラス、前向きな意見を結集して外部に発信できるようなチームを作ろうと皆頑張っています。
武蔵野プレイス

2009/08/19

中央線武蔵境駅南口前に建設中の現場です。弊社は左官工事を担当させていただきます。ここに武蔵野市の図書館等文化施設ができるそうです。地下3階地上4階建ということで、現在地下の掘削作業がようやく終わり建物の躯体をこれから構築するところです。中央の鉄骨部分が仮設の構台で、ここに重機等がすわり資材の揚重を行うわけです。敷地いっぱいに建設される建物ではよくこの方法を見ることが多いと思います。それにしても地下17mまで掘っているので実際見ると数字では表せない深さを感じます。地上より地下に建物を作る方が手間が掛かるんですよ〜(^_^;) 次回は地上まで建物が上がってきたらまた紹介致します。
ホテル京阪浅草(2F厨房)

2009/08/11

現在浅草で施工中のホテル京阪の2Fの厨房です。この日は厨房の床のコンクリート押えを施工中でした。今回は新築工事の中での厨房工事でしたが、弊社では既存ビルのテナント工事の中でこのような厨房床のコンクリート打設から仕上げまでを請負うこともしばしばあります。テナント工事会社様からの問い合わせ是非お待ちしておりますm(__)m
コンクリート押え

2009/07/31

現在施工中のお台場にある都立産業技術研究センター(仮称)という現場でこの日はコンクリート打設を行っていて、弊社もコンクリート押えで登場しています。この時期のコンクリート押えは半端無く暑くて職人は皆超汗だくです。炎天下と照り返しとコンクリートの飽和熱でそれこそ体感温度は40度近くの日もあるようです。皆さんが普段何気なく立っているあちこちの床もそんな職人達の苦労の結晶がしみ込んでいるんですね〜感謝感謝(^_^;)
ランドポート八王子

2009/07/22

八王子石川町にあるランドポート八王子という物流倉庫です。昨年11月に竣工したのですが今回は一部コンクリート打設時に雨に打たれた箇所の床補修をしました。コンクリートの床は打設後、何度か鏝で押さえて磨くように仕上げるのですが、その過程で降雨にあうと表面が滑らかにならないのです。補修とはいえ、物流倉庫ということでフォークリフト等重量物が往来する床なので、強固な補修材でなければなりません。材料も特別仕様です。このような物流倉庫などの床補修は是非我々にお任せ下さい。
施工代理店講習会

2009/07/16

昨日、フジワラ化学様の施工代理店向けの講習会に参加して来ました。100人以上の参加者があり関心の深さを感じました。3時間の講習を受け、やはり「左官はアートだなぁ」つくづく感じました。画像前方のサンプル板にもあるようにグラデーション模様や土壁調等バリエーションは無数なんですね。お客様に提供できる技の引出しがまた増えました。単価もクロス仕様に負けないところまできたので是非御相談下さい。我々と一緒に素敵な空間を作りましょう!
山口様邸(内装珪藻土仕上)

2013/02/07

ここ何年か左官仕上で採用の多い「珪藻土」です。健康壁、機能壁なんて呼称も生まれるくらい現在も注目されている仕上です。やはりクロス張りの仕上と違い匂いはほとんど無く自然素材の味を感じますね。今回の仕上色は白系ですが、様々な色様々な模様やパターンがあるのも魅力です。鏝塗ですので一定ではなくランダムな味付がまた温かみがあると喜ばれるお客様も多いです。ぜひ皆様のお部屋もこんな仕上に変更してみては如何ですか?お気軽にお問い合わせ下さい。
ロイヤルパークスシーサー西新井

2009/07/10

今月竣工予定のマンション現場です。左官工事を担当させていただきました。大和ハウス工業様の弊社として初めての大型物件を担当させていただいて様々な試行錯誤を繰り返しながら立派な建物ができました。このマンションの特徴は随所に沖縄を思わせる演出が多数あることです。エントランスのシーサーの置物が象徴していると思います。エントランス付近の外装はお洒落ですので是非西新井にお立ち寄りの際は御覧ください。
安全衛生大会

2009/06/30

本日はトヨタT&S建設様の安全衛生大会に参加して来ました。この時期は各社元請様のこういった行事が多いですね。この中で安全標語の表彰がありまして、最優秀作品は「安全は人に任せず自己責任 正しい作業でゼロ災職場」というものでした。納得!の一言ですね。我々もこの言葉を胸に明日から安全作業を心掛けたいものです。早いもので今年も上半期が終了です。
コープ野村府中武蔵野台(内装壁打放デザイン仕上)

2009/06/18

以前サンプルでご紹介した内装用コンクリート打放デザイン仕上です。もともとはクロスが張ってありました。今回内装の改修の中で弊社の仕上げを採用いただきました。なかなかお洒落な空間になりました。年間1000uを目標に受注いただけるよう頑張りたいです。御興味頂きましたら何uからでも構いません、お気軽にお問い合わせください。
日立物流 多摩3期物流センター(仮称)

2009/06/02

今年4月に竣工した日立物流 多摩3期物流センター(仮称)です。左官工事を担当させていただきました。こういった鉄骨造の建物は乾式部材が多く、湿式の左官工事は比較的少ないのですが、細かい部分で左官の技術を必要とするところは竣工に近づくにつれて出てきたようです。左官仕上げの味と大切さをもっとPRしなければいけませんね。
内装用コンクリート打放デザイン仕上

2009/06/02

今年に入り弊社が力を入れている内装用コンクリート打放デザイン仕上のサンプルです。コンクリート面はもちろん、ボード面でもクロスその他仕上げから変更可能というのが売りです。
壁1枚からでも承ります。御興味頂きましたら何なりとご連絡ください。
南大沢警察署

2009/06/02

今年3月に竣工した南大沢警察署です。左官工事を担当させていただきました。
見た目にはわかりませんが、内部は水廻りの左官仕事がとても多かったです。角を丸くしたりなんて作業も左官工事ならではの技量が必要な場面が多数ありました。

PAGE TOP